【30〜40代の理想の家計診断】大学生のこどもが2人いるケース

【30〜40代の理想の家計診断】大学生のこどもが2人いるケース


こどもが大学生2人となると教育費は最大になります。

 

手取り28万円だと結構厳しい家計になるかもしれません。

 

また仕送りするとなると現実的にかなり厳しいですので、受験するときのこどもとよく話し合っておきたいところですね。

 

奨学金も検討してもいいかもしれません。

こどもにはアルバイトをさせる

こどもには何かしらのアルバイトはやってもらいましょう。

 

そうすることで食費も多少削ることができます。

 

また携帯代や被服費、お小遣いも考える必要はなくなるでしょう。

 

貯蓄は大きく減りますが、家計は簡素化していきます。

卒業すれば貯蓄できる

こども2人が卒業すれば、教育費や生命保険代もかからなくなるのでラクになるはずです。

 

実家にいながら社会人になるケースでは、こどもにいくらか家にいれさせることも検討してもいいと思います。

 

定年までドンドン貯金して老後の生活に備えましょう。

【30~40代の理想の家計診断】大学生のこどもが2人いるケース

都市部のケース 理想の割合 手取り28万円想定 地方のケース 理想の割合 手取り28万円想定
住居費 27% 75600円 住居費 25% 70000円
食費 17% 47600円 食費 15% 42000円
通信費 5% 14000円 通信費 5% 14000円
水道光熱費 6% 16800円 水道光熱費 5% 14000円
生命保険料 5.5% 15400円 生命保険料 5.5% 15400円
自動車関連費 2% 5600円 自動車関連費 5% 14000円
生活日用品 2.5% 7000円 生活日用品 2% 5600円
医療費 2% 5600円 医療費 2% 5600円
教育費 7% 19600円 教育費 14% 39200円
交通費 5% 14000円 交通費 3% 8400円
被服費 3% 8400円 被服費 2% 5600円
交際費 1.5% 4200円 交際費 1.5% 4200円
娯楽費 0% 0円 娯楽費 0% 0円
小遣い 10% 28000円 小遣い 9% 25200円
嗜好品 1.5% 4200円 嗜好品 1.5% 4200円
その他 3% 8400円 その他 2.5% 7000円
預貯金 2% 5600円 預貯金 2% 5600円
支出合計 100 280000円 支出合計 100% 280000円

数値は「手取り20万円台でも毎月貯金がしていける一家の家計の支出の割合 横山光昭著」を参考にしました。

 

以上、【30~40代の理想の家計診断】大学生のこどもが2人いるケースについてでした。