【30〜40代の理想の家計診断】中学生のこどもが2人いるケース

【30〜40代の理想の家計診断】中学生のこどもが2人いるケース|

住居費はあがる

こども2人が中学生になると、賃貸であれば広い家に引っ越すことも視野にいれるでしょう。

 

なので家賃が上がることを想定して住居費は少し高くなっています。

食費も増えがちになる

食費もやや増えるでしょう。きちんと管理しないとすぐに5万10万と使ってしまいます。

通信費もかかる

通信費は上がる一方です。

 

確かにスマートフォンをもたせないと節約できますが、いまどきの中学生の大半がもっているとなれば、そうはなかなかいきません。

 

できるだけLINE電話などお金がかからない通話をしてもらったり、格安SIMも検討にいれましょう。

 

あと通信費を渡して自分で管理させるのもよい方法だと思います。

学費より塾代がかかる

2人とも高校受験に備えて塾にいかせるとなると、それなりに教育費は増加します。

【30~40代の理想の家計診断】中学生のこどもが2人いるケース

手取りが増えて妻と合わせて月28万円で計算しています。

都市部のケース 理想の割合 手取り28万円想定 地方のケース 理想の割合 手取り28万円想定
住居費 27% 75600円 住居費 25% 70000円
食費 16% 44800円 食費 15.5% 43400円
通信費 6% 16800円 通信費 6% 16800円
水道光熱費 5% 14000円 水道光熱費 5% 14000円
生命保険料 5.5% 15400円 生命保険料 5.5% 15400円
自動車関連費 2.5% 7000円 自動車関連費 5% 14000円
生活日用品 2.5% 7000円 生活日用品 2.5% 7000円
医療費 2% 5600円 医療費 2% 5600円
教育費 5% 14000円 教育費 4.5% 12600円
交通費 2.5% 7000円 交通費 2% 5600円
被服費 3% 8400円 被服費 3% 8400円
交際費 2% 5600円 交際費 2% 5600円
娯楽費 2% 5600円 娯楽費 2% 5600円
小遣い 10% 28000円 小遣い 9% 25200円
嗜好品 1% 2800円 嗜好品 1.5% 4200円
その他 3% 8400円 その他 2.5% 7000円
預貯金 5% 14000円 預貯金 7% 19600円
支出合計 100 280000円 支出合計 100% 280000円

数値は「手取り20万円台でも毎月貯金がしていける一家の家計の支出の割合 横山光昭著」を参考にしました。

まとめ

この時期は増える出費がほとんどで、減る出費はあまりない傾向です。

 

親も40代の方が多と思いますが、今の時代収入もそんなにあがらない。

 

家計は苦しくなり厳しい時期ですが、あせらず予算を立てて乗り切りましょう。

 

以上、【30~40代の理想の家計診断】中学生のこどもが2人いるケースについてでした。