住宅ローンが払えなくなっても幸せに暮らす選択肢

住宅ローンが払えなくなっても幸せに暮らす選択肢

 

念願のマイホームを手に入れたものの,突然のリストラや賃金カットなど様々な事情で,住宅ローンを払えなくなってしまっている人が最近とても増えています。

 

住宅ローンの返済が滞って一定の期間がすぎると,通常は裁判所という国家権力によって自宅が競売にかけられ,大事なマイホームを失うことになってしまいます。

 

 

競売というのは借金のカタとして,物件を強制的に処分させられ,銀行などの債権者から返済を求められることです。

 

競売になると,大事な自宅が相場をはるかに下回る価格で安く買い叩かれ、家を失った上に、なお多額の借金が残ってしまうことが普通です。

 

また競売には「借金のカタに家を取られた」というイメージがあるため,精神的にも大きな苦痛が残るケースが少なくありません。

 

実は住宅ローンの支払いがストップした場合でも,競売を回避できる選択肢があります。

 

それが,「個人再生」と「任意売却」という方法です。

 

個人再生は住宅を残して個人の借金額を減らす方法で、任意売却は住宅を売って借金を減らすという方法です。

 

どちらの方法が良いかどうかの判断は弁護士に相談したほうが失敗はないと思います。

 

無理して売らなくても良いですが、こうのような方法もあるんだということは知っておいて損はないと思います。

 

任意売却というのは債務者(売り主)がローンを払いなくなった場合に、債権者(金融機関、保証会社など)との合意のもと,所有者の意思で適正価格によって自宅などの不動産を売却することです。

 

自宅が強制的に売られるのではなく,ほぼ通常の不動産売買と同じように売却できます。

 

そして売却金額を住宅ローンの残債務などに充てます。

 

任意売却には競売に比べてはるかに多くのメリットがあります。最大のメリットは競売よりも高い値段で売ることができるという点です。

 

さらに債権者との話し合いで引っ越し資金を確保してもらえたり、借金の返済金額や方法などについて融通を利かせてもらえることもあります。

 

住宅ローンが払えなくなった場合,競売以外にも任意売却という手段があることをぜひ知っていただきたいと思います。

 

ただし,任意売却の業務は,誰でも手掛けることができるというわけではありません。

 

国家資格を持つ不動産業者(宅地建物取引業者)だけが業務として取り扱い可能です。

 

そして通常の不動産売買以上に、法律など多くの知識が求められますし,債権者との交渉など独自のノウハウも必要とされます。

 

任意売却の相談は,任意売却の物件を数多く手がけている専門家に相談するのがよいでしょう。法テラスと違い無料で相談に乗ってくれます。